つわりを理解して軽減したいけど、赤ちゃんへの影響って?

男性にはなかなか分かってもらえない「つわり」

ですが、そもそも「つわり」

ってどうしてあるのでしょうか。

時期としては妊娠初期(だいたい妊娠2ヶ月ごろ)に始まる妊娠すると出る生理現象の一つだそうです。

症状としてはムカムカするとか吐いたりとか、逆に何かを食べていないと気持ちが悪くていられないとか臭いに敏感になったり身体のだるさがひどかったり、しっかり寝ても眠たいなど人によって様々だそうです。

では、原因は何かというとはっきり分かっていないそうです。

しかし、最近では妊娠してホルモンが急激に増えることで脳にある嘔吐中枢を刺激するのではないかとか、ホルモンが増加することで胃や腸の機能が低下していくのではないかなどと言われているそうです。

何も食べられなくなったり、体重が減ったりしたら危険信号なので注意が必要です。

妊娠して子供ができて喜んだ矢先に「つわり」

は来ますが、この症状を少しでも軽減できるとしたら嬉しいですよね。

食事や運動などで「つわり」

を軽減する方法はあるそうです。

妊婦さんの中には「つわり」

がひどくて物が食べられないけど、赤ちゃんは育ってくれるのだろうかと心配になっている方もいるかもしれません。

しかし、心配無用です。

「つわり」

になる妊娠初期は赤ちゃん自身もそれほど栄養は必要なく、時期が来るとすくすくと育ってくれるそうです。

「つわり」

がひどいからといって低体重児になると言う心配もないそうで、逆にこの症状があるということは、お腹の中で赤ちゃんが育っていると言う証拠なので感謝すると良いかもしれませんね。

とは言っても、この症状はできるだけ軽減したいものです。

一番心配なのは、妊婦さんがこのことでストレスをため、落ち込んでしまうことです。

子供は親が思うよりも強く、食べ物が食べられなくて点滴しか出来なくても、何回も吐いて妊婦さんの体がボロボロになっていても、赤ちゃんは育ちます。

そう考えるだけで、「つわり」

が軽減しそうですよね。

妊婦さんは赤ちゃんの心配ばかりしてしまいがちですが、このサイトは妊婦さんの悩みを解消してくれる内容になっています。

悩みを少しでも解決して楽しいマタニティライフを過ごせるといいですね。

つわりを軽減する方法を試す